たくさん増えても…メダカを放流してはいけません!

ヒメダカ.Oryzias latipes.加藤英明.jpg

観賞用または理科の教材として飼育されるメダカですが、実際は産地が不明なものばかり。
そんなメダカが私たちの身近な川に入り込むと、遺伝子汚染を引き起こしてしまいます。
改良品種のヒメダカも、野生種のクロメダカも、一度飼育したメダカを野外に放すことは禁物。最後の1匹まで大切に飼育してください。

メダカを保護する場合は、生息地の環境を改善することが最優先です。自然環境の中で、土着のメダカを増やしてあげましょう。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急務!ニホンイシガメの保全!

Mauremys japonica. hatching.jpg
ニホンイシガメの幼体(静岡県産)
県内で数を減らしつつあるニホンイシガメ。
最近は川を覗いても姿を見かけません。このままでは、私たちの身近な環境からニホンイシガメが姿を消すのも時間の問題です。

河川ごとニホンイシガメを保護し、繁殖させることは容易ですが…
子ガメを故郷に放せません。

遺伝子汚染の解決はもちろん、ニホンイシガメが健全に生育できる環境づくりが大切です。
日本固有の希少な野生動物ニホンイシガメを守るには、まだまだ時間がかかりそうです…
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだ捕獲されるアカミミガメ!

Trachemys scripta.3.jpg

一度の調査で捕獲されるアカミミガメの数は…星の数!?
大きなメスは体重2kgを超えます。10匹で20kg、100匹で200s。
とても重くて、運ぶだけでも一苦労。体力があるうちにどんどん調査を進めます。
捕獲されたアカミミガメは研究に用いられるため、再び野外に戻ることはありません。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミミズを食べます!美しいタカチホヘビ!

タカチホヘビAchalinus spinalis.加藤英明.jpg

タカチホヘビ(静岡市)
タカチホヘビは、光が体に反射すると虹色の光沢を放ちます。体は鉛筆のように細く、全長は40pほど。小型で無毒のヘビです。とても美しいヘビですが、道路でひかれていることがしばしば。きっと、ミミズに間違えられてしまうのでしょう。普段は地中に潜んで姿を見せないけれど、雨が降ると地上に現れます。歩みが遅いヘビなので、道路で見つけても踏まないように気を付けましょう。
タカチホヘビは、主にミミズを捕食します。また、体の鱗は小さく皮膚が露出しているため乾燥に弱く、暑さも苦手です。長期飼育が難しいヘビです。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワニガメは特定動物!

ワニガメMacrochelys temminckii.HideakiKato.jpg

ワニガメはあごの力が強く、大根をスパッと噛み切ってしまいます。
その力はライオンをも凌ぐと言われ、人に危害を加える恐れがあります。
野外でワニガメを見つけた場合は、最寄りの警察や保健所に連絡してください。

ワニガメは特定動物に指定されていて、飼育には都道府県知事または政令市市長の許可が必要です。
寿命は100年を超えるため、個人での飼育は不向きです。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする