カミツキガメに注意!

Chelydra serpentina1.jpg

カミツキガメ(藤枝市)
カナダ南部からアメリカ合衆国南東部まで分布する大型のカメですが…静岡県では住宅地を流れる河川で捕獲されています。動きは素早く凶暴なため、要注意。外来生物法において特定外来生物に指定されているため、輸入や販売、飼育等は原則禁止されています。

※同属他種もカミツキガメとして扱われます!
チュウベイカミツキガメChelydra rossignonii と、ナンベイカミツキガメChelydra acutirostris も、外来生物法上規制対象とされています。これらの種は“カミツキガメChelydra serpentina”として扱われ、飼養等許可がなければ取扱いできません。輸入の際には気を付けてください。
参照:環境省http://www.env.go.jp/nature/intro/3breed/synonym.html
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミツキガメ定着!静岡県!

静岡県カミツキガメChelydra serpentina定着.加藤英明.jpg
カミツキガメの幼体(狩野川)
狩野川水系でカミツキガメの定着が明らかになりました。
カミツキガメは成長が早く、7年ほどで甲長20pを超えて産卵可能となります。
一度に産む卵の数は30〜50個ほど…
カミツキガメの増殖を防ぐためにも、今後、積極的に取り除く必要があります。
6月には、産卵のために上陸したメスに出会うことがあります。
カミツキガメは攻撃的なため、近づくと危険です。

※カミツキガメは特定外来生物に指定され、移動や飼育が原則禁止されています。
野外で見つけても持ち帰らないように!

加藤英明・衛藤英男. 2012. 静岡県狩野川水系におけるカミツキガメChelydra serpentina(Testudines, Chelidridae)の定着. 東海自然誌,5:41-44.
Naturalization of the Snapping turtle, Chelydra serpentina (Testudines, Chelidridae) in the Kano basin system.

狩野川カミツキガメChelydra serpentina.加藤英明.jpg

罠に混入したカミツキガメの様子が紹介されました。
静岡朝日テレビ『とびっきり静岡』(2012年7月9日)16:45〜
新聞掲載:静岡新聞(2012年6月23日)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミツガメを見つけたら通報を!環境省ポスター

危険な特定外来生物カミツキガメが身近に潜んでいたら…
早急に取り除く必要があります!
特定外来生物「カミツキガメ」を見かけたら通報して下さい!

放置すると繁殖し、分布を拡大して防除が困難になります。

カミツキガメChelydra serpentina.環境省ポスター表.加藤英明HideakiKato.静岡大学ShizuopkaUniversity.jpg
表面

環境省が作成したポスターは、ダウンロードして印刷して頂き、自由に普及啓発に活用して頂けます。是非ご利用下さい。
<環境省ポスターhttp://chubu.env.go.jp/to_2016/post_57.html


カミツキガメを見つけたら…
お住まいの市町村役場か警察に連絡しましょう!

カミツキガメChelydra serpentina.環境省ポスター裏.加藤英明HideakiKato.静岡大学ShizuopkaUniversity.jpg
裏面

監修:矢部隆(愛知学泉大学)、加藤英明(静岡大学)




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミツキガメが捕食!ウナギ激減の原因!?

捕獲したカミツキガメの消化管内容物を調べてみると...
なんとニホンウナギが出てきました。ニホンウナギは2014年に絶滅が危惧されています。

近年はシラスウナギの捕獲量も減り、価格が高騰しています。私たちが我慢してウナギを食べなくても…カミツキガメたちが川でむさぼっています。カミツキガメのウナギ捕食は2013年に静岡県で初めて確認されましたが、年間の捕食量を含め、その影響は十分に明らかにされていません。

外来種を放置すれば、今まで当たり前と考えてきた生態系サービスを私たちは受けられなくなるのです

カミツキガメはウナギやドジョウ、ナマズのようなヌルヌルした魚を餌に好みます。鋭い鉤状の口は、これらの魚類を捕獲するために都合がよく、素早く咬みつくと放さず丸のみにします。

カミツキガメChelydra serpentinaニホンウナギAnguilla japonica.捕食.影響.静岡大学ShizuokaUniversity.加藤英明HideakiKato.jpg
研究室における実験:250gのウナギを丸呑みします。1度に2匹も...

野外のカミツキガメを積極的に取り除きましょう!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡市、カミツキガメ捕獲大作戦!2016!

静岡市、カミツキガメ捕獲大作戦!2016
行政・地域・大学が連携!

カミツキガメ調査.静岡大学加藤英明.ShizuokaUniversity.HideakiKato.jpg


静岡市ではカミツキガメが度々目撃されています。また、麻機遊水地では、大きなメスが捕獲されています。
野外で繁殖しているか否か不明ですが、定着初期であれば、根絶が可能です。放置しておくと、大繁殖して、取り返しのつかないことになります。。
身近な水辺に入り込んだカミツキガメを取り除くことは、とても大切なことです。

みんなでカミツキガメを捕獲しよう!市民調査員募集中!
静岡市ホームページ
http://www.city.shizuoka.jp/565_000001.html

日時
第1回:7月23日(土)〜24日(日)
第2回:8月20日(土)〜21日(日)
第3回:9月10日(土)〜11日(日)  
  ※土曜日は14〜16時、日曜日は9〜11時

申込方法
お電話にて静岡市コールセンター(054-200-4894)までお申込み下さい。
  (年中無休:午前8時〜午後8時)

※外来生物法により、特定外来生物は、販売や飼養、移動等が禁止されています。また、水中にワナを設置するには静岡県内水面漁業調整規則により県知事の許可が必要です。
今回の調査は、学術調査のためにこれらの許可等を得て行います。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする