拡散させない!外来種のウチダザリガニ!

ウチダザリガニPacifastacus leniusculus trowbridgii.加藤英明.jpg


ウチダザリガニは、北アメリカ原産の外来種です。日本では、北海道や福島県、長野県などに定着しています。
体長は15pで、第一胸脚のはさみのつけ根に青白い模様があるのが特徴です。

本種の食性は雑食で、水草を始め、ヤゴなどの水生昆虫やメダカやドジョウなどの魚類、甲殻類など様々な水生生物を捕食します。緑藻類をよく食べるため、マリモへの影響も危惧されます。餌となる水生生物が少なくなると、共食いもします。

メスは繁殖期の秋に性フェロモンを分泌し、オスの交尾行動を引き起こします。産卵数は200個ほど(大きな個体は500個以上)。年に1回産卵します。卵は冬の間にメスの腹脚で守られ、翌年の初夏に孵化します。成長は餌の量と水温により異なりますが、2年ほどで性成熟に達します。

ウチダザリガニは、1926年に初めて日本に試験導入され、その後に各地に持ち込まれました。過去には観賞用に流通して飼育されることもありましたが、冷水性の環境を好む為、高温な状態が続く室内での長期飼養は困難でした。しかし、野外の水辺では多くの場所で生存が可能であり、今後も本種の侵入と定着が危惧されます。


<特定外来生物>
ウチダザリガニは、2006年に特定外来生物に指定され、生きた状態での運搬・飼育等が禁止されています。
意図的・非意図的な移動により国内各地に定着する恐れがありますので、水草や砂利等、水辺のものを移動する際には、ウチダザリガニの幼生(稚ザリ)が混入していないかよく確認しましょう。


マリモを食べるウチダザリガニPacifastacus leniusculus trowbridgii.加藤英明.jpg

観賞用マリモを食べるウチダザリガニ



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカザリガニを正しく管理しましょう!

アメリカザリガニProcambarus clarkii1.加藤英明.HideakiKato.静岡大学.jpg

身近な水辺の生き物であるアメリカザリガニの原産地は、アメリカ南東部ミシシッピ川流域。日本には1927年にアメリカから持ち込まれ、野外に侵入したものが繁殖し、北海道から沖縄まで全国に広がりました。

古くから身近にいるため、日本の生物と思っている人も多いようですが、本種は外来種であり、野外から取り除く必要があります。大切に飼育をすれば、産卵し、体についた子どもの世話をする姿を観察することができます。しかし…増えた個体を野外に放すことは禁物です。
子ザリガニも、最後まで責任を持って飼育しましょう!

アメリカザリガニProcambarus clarkii2.加藤英明.HideakiKato.静岡大学.jpg

アメリカザリガニは、雑食性で、植物から甲殻類、ヤゴやホタル幼虫などの昆虫、メダカやドジョウなど魚類、イモリやカエルなどの両生類を捕食します。時には、子ガメも!

本種が侵入した環境は、徐々に悪くなり、ホタルやトンボが飛ばない水場になります。

愛玩用の生物は、自然に放さない!

野外の守るべき生き物と、室内で大切に飼育する生き物をしっかり区別して、正しく生き物と付き合いましょう!

アメリカザリガニProcambarus clarkii3.加藤英明.HideakiKato.静岡大学.jpg

アメリカザリガニの体長は15pほど。日本の野外では、水温が12℃以下になると成長が止まり、5℃以下では冬眠します。子ザリガニは1年半ほどで性成熟に達して、体の小さなメスは一度に50〜100個ほどの卵を産みます。寿命は5年ほどで、体長10pを超えるメスは一度に500個ほどの卵を産みます。メスは卵と孵化した子どもをお腹に1カ月間、抱えます。


※若い個体は淡褐色で、はさみも小さく、日本に固有のニホンザリガニに間違えられることが多々あります。
ニホンザリガニは、北日本の水温20℃以下の冷たくきれいな水に生息し、主に水中に溜まった落ち葉を食べて成長します。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフリカマイマイの脅威!素手で触らないように!

アフリカマイマイAchatina fulica1.加藤英明Hideakikato.静岡大学.jpg

アフリカマイマイは、東アフリカ原産の大型の陸生貝類で、甲高20cm以上に成長します。
日本には1932年に持ち込まれ、その後1945年頃に野外に逃げ出したものが繁殖し、今に至ります。
国内では温暖な地域で越冬し、西南諸島や小笠原諸島、さらに鹿児島本土まで定着しています。
夜行性のため、日中は落ち葉溜りの下や物陰に隠れています。

本種の移動性は高く、特に若い個体は一晩で森から畑まで数十mも移動します。
食性は植物質中心で、野菜や果物を食するため、農作物への被害も深刻です。

アフリカマイマイAchatina fulica卵.加藤英明Hideakikato.静岡大学.jpg

繁殖力は強く、一度に5mmほどの卵を一度に200個ほど、年に数回産みます。稚貝の成長は速く、半年で甲高4.5cmほどの大きさで性成熟に達しますが、最初はオスとして繁殖に参加します。雌雄同体で雄性先熟のため、体が大きくなると産卵も可能となり、5〜10年の寿命を全うします。


アフリカマイマイは巨大なカタツムリであり、魅力的です。
しかし...人に寄生する広東住血線虫Angiostrongylus cantonensis (Chen, 1935) の中間宿主であり、本種に触れた手で食べ物を食べたり、そのものを十分な火を入れずに食べたり、粘液に汚染された野菜を十分に洗わずに食べたりすることで、寄生虫が体内に取り込まれます。

広東住血線虫は、1933 年に広東省のドブネズミから初めて検出されました。本種は寄生性の線虫で、イヌやキツネなどの動物を終宿主とします。動物の肺動脈などに寄生して、呼吸器や循環器の機能を害します。過去に沖縄県では、人に寄生して髄膜炎を引き起こしています。

アフリカマイマイに出会っても、素手で触ることはやめましょう!

アフリカマイマイAchatina fulica2.加藤英明Hideakikato.静岡大学.jpg
原産地アフリカ東部での様子
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。