特定外来生物、ツマアカスズメバチ!日本侵略中

ツマアカスズメバチVespa velutina.1.加藤英明.jpg
ツマアカスズメバチVespa velutina (特定外来生物)

ツマアカスズメバチは、中国や台湾、インドネシアなどの東南アジアに広く分布します。

長崎県の対馬に侵入したツマアカスズメバチは、中国南部原産の亜種V. velutina nigrithorax。黒っぽい体で腹部の先端が明るい赤褐色、足先が黄色で特徴的です。また、頭部は黒くて顔は黄色、腹部は黒くて後方の黄色部分は幅広い。※多少の個体差あり。

ツマアカスズメバチVespa velutina.2.加藤英明.jpg
対馬産ツマアカスズメバチ

日本で繁殖しているツマアカスズメバチは、韓国から侵入したものと考えられます。本種は韓国でも外来生物であり、2003年に釜山で初めて確認された後、拡散。2010年頃、釜山経由で対馬の北部から侵入したようです。2013年には対馬で定着が確認され、2015年8月には福岡北九州市、2019年11月には山口県防府市で営巣が確認されています(2015年1月特定外来生物に指定)。

ツマアカスズメバチは、在来のスズメバチ類に比べると小型で、体長は20mm(雄蜂は24mm、女王蜂は30mm程)。しかし、在来種よりも大きな巣を形成し。その巣は60cmから1mほどの大きさになることも。巨大な巣には、数千匹が暮らします。

ツマアカスズメバチVespa velutina.3.加藤英明.jpg
10mもの高さの樹上に大きな巣を形成する。出入口は上部横方向

性格は、獰猛で攻撃的。ミツバチなどの昆虫を捕食します。通常は獲物を追跡して捕獲しますが、ミツバチのコロニーを見つけると待ち伏せし、巣に戻る二ホンミツバチを待ち伏せて捕獲します。対馬でニホンミツバチが激減している理由のひとつと考えられています。

ツマアカスズメバチVespa velutina.5.加藤英明.jpg
力強く羽ばたきホバリングして待ち伏せし、帰巣するニホンミツバチを捕まえて連れ去る。蜂洞前

成虫の餌は、樹液や花の蜜など。幼虫は肉食で、成虫は巣の中で待つ幼虫のために餌となる昆虫等を捕獲します。巣に持ち帰った獲物は細かくされて、幼虫に与えられます。

ツマアカスズメバチVespa velutina.4.加藤英明.jpg
ツマアカスズメバチの幼虫 ※生きた状態で移動できません

ツマアカスズメバチは寒い冬には死んでしまいますが、女王蜂は晩秋に倒木などの隙間に入り越冬します。春には低木や木の洞に小さな巣を作り、成虫の数が増えると夏以降に木の高い場所に新しい大きな巣を作ります。夏の後半から晩秋には、新しい女王蜂が数個体誕生し分散します。

ツマアカスズメバチが最も活動する時間帯は、朝から正午。夕方には巣に戻り休みます。巣を刺激すると、ターゲットを追尾して攻撃しますので、巣には近づかないようにしましょう。

刺されると、日本のスズメバチ類と同様、激しく痛み患部が膿み、場合によってはアナフィラキシーショックを起こすことがあります。刺された場合は、医療機関を受診してください。

ツマアカスズメバチVespa velutina.6.加藤英明.静岡大学.jpg


ツマアカスズメバチを見つけたら、すぐ行政に連絡してください。
早期発見と駆除が大切です!


※ツマアカスズメバチは特定外来生物で、幼虫やさなぎを含め、許可なく生きた状態で運ぶことは禁止されています。殺虫剤等で殺処分しましょう。




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物、オオマリコケムシ!拡散に注意!

オオマリコケムシPectinatella magnifica.1.jpg
オオマリコケムシPectinatella magnifica

水辺で見つかる円盤状の巨大なクラゲのような生き物は…北アメリカ東部原産の外来生物オオマリコケムシ。寒天質で、配管などを詰まらせてしまう厄介者です。巨大な体で一つの生物ではなく、体長1.5mmほどの小さな虫が集まったもの。その個虫たちが寒天質を分泌して成長した群体がさらに集まって、直径60cmほどの巨大な群体集を形成します。

外来生物のオオマリコケムシは、1972年に山梨県の河口湖で初めて記録され、その後は霞ヶ浦や琵琶湖など、日本各地の湖沼で定着が確認されています。

驚くべきはその繁殖力。小さな虫型の個虫は、雌雄同体。有性生殖で繁殖しますが、その他に親の体の一部から体が形成されて増殖する出芽、体内で休芽と呼ばれるキチン質の殻に包まれた種を形成、クローンがどんどん増えていきます。寒い冬には親個虫は死んでしまい、寒天質の群体はボロボロに壊れてしまいますが、オオマリコケムシは死滅前に放出した休芽の状態で越冬し、翌春、水温が15℃を超える頃になると発芽して成長し、増殖して群体を形成します。

オオマリコケムシP. magnifica休芽.加藤英明.2.jpg
この休芽が厄介で、水鳥の足についたりして各地に運ばれる。

オオマリコケムシP. magnifica休芽.加藤英明.jpg
低温や乾燥にも耐える休芽(直径約1mm)。殻表面の棘で様々なものに付着して移動する。暖かくなると発芽して増殖する。餌は微生物で、触手冠で濾し取って食べる

オオマリコケムシPectinatella magnifica.3.jpg

オオマリコケムシPectinatella magnifica.2.jpg
佐賀城で確認されたオオマリコケムシ。冬季、腐敗して強い臭を放つ。


コケムシのような動物は、4億8千万年ほど前に出現していて、現在、海や湖沼などに6000種ほどが生息しています。淡水には世界に100種ほど。日本にはカンテンコケムシPectinatella gelatinosa(準絶滅危惧:環境省)など26種ほどが生息しています。





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミステリークレイフィッシュ、水替えで逸出!?要注意!

ミステリークレイフィッシュP. fallax f. virginalis.加藤英明.1.jpg

爆発的に繁殖する外来生物のザリガニ、ミステリークレイフィッシュ。ホースで水槽の水替えをしていると、稚ザリガニが吸い込まれて流出…。そんな事態が危惧されます。
ミステリークレイフィッシュが抱卵した後、稚ザリガニがある程度大きくなるまで水替えは控えましょう!

ミステリークレイフィッシュは単為生殖するザリガニで、全ての個体が単独で卵を産みます。
元々は北アメリカ原産のスロウザリガニ(Procambarus fallax)ですが、1995年にドイツで販売された個体を親とした繁殖個体の中に、突然変異個体が発見されました。単為生殖が可能な3倍体個体の誕生です。その後、繁殖個体がヨーロッパやアフリカ、日本に持ち込まれ、野外に入り込みました。1匹でも繁殖するので…野外繁殖個体は星の数!同じ遺伝子を持つクローンザリガニが、世界中に拡散しつつあります。

大きさが5pほどに成長すれば産卵可能で、早ければふ化後3か月で性成熟に達します。その後は…3か月ごとに卵を産みます。その数は一度に100個以上。1匹が1年間で数百匹に、さらに孵化個体もその年に産卵するので…大繁殖してしまいます。

ミステリークレイフィッシュP. fallax f. virginalis.加藤英明.3.jpg


ミステリークレイフィッシュP. fallax f. virginalis.卵.加藤英明.jpg


取り扱いは慎重に!


※人為的な環境で生み出されたミステリークレイフィッシュを新種として扱うことは適切ではないとされ、異なる変異型(Procambarus fallax f. virginalis)として区別されます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡県内で発見!特定外来生物のマダラサソリ!

マダラサソリ.Isometrus maculatus .加藤英明.jpg
(静岡県清水区で捕獲された個体)

2018年8月8日に、静岡県の清水港周辺で、特定外来生物に指定されているキョクトウサソリ科の一種であるマダラサソリが発見されました。発見された個体は成体のメスで、体内には幼生の姿が20個体ほど確認されました。早期の発見と対応が、野外繁殖を防ぐことに繋がりました。

マダラサソリ.Isometrus maculatus.3.加藤英明.jpg
(体内に幼生の姿が確認できます)

マダラサソリは、全長6cmほどの小型のキョクトウサソリの仲間で、国内では石垣島や西表島などに生息します。本種は生後半年で性成熟に達し、メスの妊娠期間は2か月ほど。メス1匹が紛れ込んでも繁殖する可能性があります。耐寒温度は低く、生息地は6℃程度の低温まで下がるため、静岡県でも屋内であれば越冬する可能性があります。

マダラサソリ.Isometrus maculatus.2.加藤英明.jpg
(体に触れると尾のよう後腹部を反らせて先端の毒針を刺します)

本種に刺されると強い痛みが続き、体質によってその程度は異なります。

サソリの仲間を見つけた場合は素手で触らないようにし、行政に知らせしましょう!


<静岡市ホームページ:マダラサソリが清水区で発見>
http://www.shizutan.jp/news/2018/08/post-129.html
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄腕ダッシュ!ウチダザリガニ、加藤英明2018年9月9日放送

ウチダザリガニ.Pacifastacus leniusculus trowbridgii. 加藤英明.静岡大学.jpg

北海道の豊かな自然の中に入り込んだのは、外来種のウチダザリガニ。水草や水生昆虫など様々な生き物を捕食し、日本の固有種であるニホンザリガニが影響を受けています。このままではニホンザリガニが消えてしまうことも!ウチダザリガニの分布拡大を食い止めるため、野外から取り除く必要があります。

ウチダザリガニは、臭いに敏感。餌の匂いを嗅ぎつけると、巣穴から出て餌を探します。
そんな生態を利用し、ウチダザリガニを一網打尽に!
※本種は2006年に特定外来生物に指定され、生きた状態での運搬・飼育等が禁止されています。

何でもよく食べるウチダザリガニは、日本の生態系を破壊しつつあります。海外ではヨーロッパの野外に侵入し、本種が持ち込んだザリガニペストと呼ばれる病原菌に感染した在来種のヨーロッパザリガニが死滅する地域も。ザリガニペストがニホンザリガニに感染した場合100%死亡するとされ、ウチダザリガニの侵入後にニホンザリガニが姿を消した場所では、その感染の疑いもあります。

そんな厄介な外来生物の捕獲に挑む!

ウチダザリガニ.Pacifastacus leniusculus trowbridgii.2.加藤英明.静岡大学.jpg

本種は嗅覚に優れ、50m範囲の匂いを嗅ぎつけることも!餌の匂いにつられて巣穴から出てきます。

ウチダザリガニ.Pacifastacus leniusculus trowbridgii.3.加藤英明.静岡大学.jpg

捕獲されたウチダザリガニは、一流のシェフによっておいしい料理に仕上げられました。
※ザリガニ類は寄生虫の中間宿主となるため、しっかりと管理されていない個体の調理は要注意。
アメリカザリガニも同様で、保有する寄生虫が人の体内に侵入する恐れがあります。
また、罠の使用には北海道内水面漁業調整規則に基づく採捕の許可が必要です。



<ウチダザリガニ>
・特定外来生物
・日本の侵略的ワースト100
・世界の侵略的ワースト100
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。