アカイシサンショウウオの個体変異

静岡県には、西部から中部にかけてアカイシサンショウウオが広く分布しています。多くの個体を比較してみると、体色が濃かったり薄かったり、体に銀色の斑紋があったりなかったり…
この違いは、環境や食べ物による影響ではなく、雌雄による違いでもなく、成長の過程や繁殖期に変化するものでもないようです。野外では、隣り合った石の下で体色の違う個体が見つかるため、地域変異でもなさそうです。
DNAの違いは…
少しずつですが、調査によってアカイシサンショウウオの秘密が明らかになってきました。
アカイシサンショウウオHynobius katoi個体変異individual variation.jpg


※サンショウウオは温度管理の他にも偏食や拒食などがあり、飼育が難しい生き物です。山で出会っても、そっと見守ってあげましょう。

アカイシサンショウウオ
静岡県レッドリスト:絶滅危惧TB類(Endangered,EN)
環境省レッドリスト:絶滅危惧TB類(Endangered,EN)
IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。