腰をギュッと握ります!ウシガエル!

Rana catesbeiana.jpg

ウシガエル(磐田市)
アメリカから移入されたウシガエルが、県内各地で定着しています。大食で、トンボやバッタ、カエルやネズミまで口に入る生き物は何でも食べてしまいます。可哀そうですが、見つけたら捕まえ、その場で殺処分することが好ましいです。警戒心が強いので、そっと近づき、ウシガエルの腰をギュッと握り捕まえます。

特定外来生物に指定されているため、生体の移動や飼育はできません。オタマジャクシを捕まえた時には、ウシガエルではないかよく確認しましょう!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなで守ろう!静岡市最後のニホンアカガエル!観察会2017

静岡市のニホンアカガエルがもうすぐ消える!?
絶滅危惧種ニホンアカガエルの観察会を行います!

静岡市.ニホンアカガエルRana japonica.加藤英明HideakiKato.jpg

日時:2017年2月18日(土)13:00〜16:00
場所:静岡ふれあい健康増進館ゆらら、水田
主催:静岡・田んぼと遊ぶ会
共催:静岡大学教育学部加藤研究室
   静岡ふれあい健康増進館ゆらら

ニホンアガガエルは低地の山に棲んでいますが、寒い時期になると産卵のために水が残っている小さな谷戸田に下りてきます。しかし、耕作放棄や開発によって谷戸の環境が激変し、静岡市では多くの地域から姿を消しました。静岡市最後のニホンアカガエルを守るために、私たちは何ができるのでしょうか。

静岡市ニホンアカガエル観察会2017.ゆらら.加藤英明.jpg
静岡ふれあい健康増進館ゆららでの座談会の様子

静岡市ニホンアカガエル卵塊.観察会2017.加藤英明HideakiKato.jpg
繁殖地の田んぼに移動してニホンアカガエル卵塊を観察

消えゆくニホンアカガエルたちを守り、未来につなげましょう!


ニホンアガガエルRana japonica
静岡県レッドリスト:絶滅危惧U類(Vulnerable, VU)
          絶滅の危険が増大している種

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤモリじゃないよ!イモリだよ!

アカハライモリCynops pyrrhogaster.加藤英明2.jpg

アカハライモリ(静岡市)
よく“ヤモリ”に間違えられますが、“イモリ”です。
私たちの身近な環境にも棲んでいますが、最近は見かける機会が減っています。
イモリを守るには、産卵と幼生の成長に適した止水域、そして越冬に適した陸地が必要です。
生息環境を守るとともに、過剰な採集は控えましょう。
イモリはペットとして国内で広く流通しています。脱走が上手なので、飼育する場合は蓋のあるケージで飼育しましょう。購入した別産地の個体が野外に侵入すると、遺伝子汚染を引き起こすので注意が必要です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒くても起きます!食べます!アカハライモリ!

アカハライモリCynops pyrrhogaster .加藤英明.jpg

アカハライモリ(静岡市)
氷が張る寒い2月。ニホンアカガエルの卵と幼生を狙い、アカハライモリが現れます。
アカハライモリは、動きの鈍い幼生オタマジャクシをパクパクモリモリ。
お腹いっぱい食べて体力を回復させ、繁殖に備えます。
イモリの餌となっているニホンアカガエルは、静岡県で絶滅が危惧されています。
アカハライモリも急速に姿を消しているので、両種の個体数の回復のために、多少、人が手を貸す必要があります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カエルの不思議!カエルは胃を出して洗う!?

カエルの胃.The stomach of a frog.jpg

カエルは異物を飲み込むと、胃を押し上げて吐き出します。
その時に…胃袋を反転させて外に出すことも。
カエルは胃袋を手でこすって汚れを落とすと、飛び出た胃袋をごっくんと飲み込み体内に戻します。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする