要注意!静岡県で繁殖!?オキナワキノボリトカゲ!

静岡県で、オキナワキノボリトカゲが捕獲されています!
静岡県.オキナワキノボリトカゲ.加藤英明.1.jpg

オキナワキノボリトカゲは、奄美諸島と沖縄諸島に固有のトカゲで、環境省のレッドリストでは絶滅危惧U類に位置付けられています。沖縄の森でキノボリトカゲに出会う機会は、年々少なくなっている印象で…
野外から消えることのないように、大切に守りたい生き物の一つです。

そんな絶滅危惧種が、静岡県の野外で数多く目撃されています。
しかし、人為的に持ち込まれたオキナワキノボリトカゲは、“国内外来生物”として扱われ、静岡県の野外から全て取り除く必要があります。

捕獲された個体は、再び原産地に戻されることはありません。それは、原産地における採集場所がわからなく、さらに原産地と異なる細菌やウィルス、寄生虫の感染の恐れがあるためです。
オキナワキノボリトカゲは愛玩用に飼育される場合がありますが、厄介者にされないように最後まで責任を持って飼育しましょう!


静岡県でオキナワキノボリトカゲが初めて確認されたのは、2008年の夏。その後も目撃情報が多々あり、野外で越冬して繁殖していると考えられます。原産地の沖縄諸島と奄美大島諸島では、最低気温が0℃を超えることはありません。そのため、オキナワキノボリトカゲは静岡県の野外で越冬することは不可能と考えられていました。しかし、静岡県以外では、宮崎県と鹿児島県でオキナワキノボリトカゲの定着が確認されていて、宮崎県日向市の過去最低気温は−4.6℃。一方、静岡県の調査地の最低気温は、過去10 年間で−3.7℃。容易に越冬できるようです。

静岡県内で本種が見つかった場所では、5回の調査で16個体が捕獲されています。捕獲されたメスの体内には卵があり、産卵も確認されていることから、野外で繁殖していることが示唆されます。

静岡県.オキナワキノボリトカゲ.加藤英明.2.jpg
どの個体も雌雄ともに頭胴長が45 mm を超えていて、性成熟に達していました。メスには卵も!


オキナワキノボリトカゲは、比較的温暖な地域であれば定着が可能なため、要注意です。
九州に定着したオキナワキノボリトカゲは重点対策外来種に指定されています (環境省, 2015)。

※オキナワキノボリトカゲDiploderma polygonatum polygonatumは、静岡県や神奈川県に定着した台湾産のスウィンホーキノボリトカゲDiploderma swinhonisと異なり、頭部腹面に白色の斑紋はありません。また、オスは頭部腹面の中央が橙色や黄色に色づき、さらに自然環境下において、全身が緑色で体側に黄色い縦条があり、体長が他の亜種の最大値よりも大きいのが特徴です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年9月8日放送TBS、骨からスゴいことわかりました!

土曜ブレイク「骨からスゴいことわかりました」
放送:2018年9月8日14:00〜
動物たちのロマン溢れる“骨の世界”を解き明かす、アカデミック骨バラエティー!

マッコウクジラ、シャムワニ、アムールトラの骨格標本つくりに密着!

動物の骨から謎を解き明かす!
動物の骨から驚きの生態が!



<私たちの体を支える骨>
骨は姿勢を維持するだけではなく、内臓を保護したり、血球をつくったり、その機能は多岐にわたります。さらに、骨とつながる筋肉の作用によって、複雑な動きを生み出すことが可能になりしました。

獲物を追うものとそれらから逃げるもの。そして、環境の変化に適応するもの。骨を見ることで、5億年に及ぶ脊椎動物の進化の歴史を垣間見ることができます。

骨から動物の秘密を知ろう!


TBS.骨からスゴいことわかりました.加藤.jpg

不思議で面白い、骨の世界をお楽しみください!

生き物の見方が変わる番組です!


出演者 加藤英明


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近なトカゲ!ニホンカナヘビとの正しい付き合い方

ニホンカナヘビ.Takydromus tachydromoides.飼い方.加藤英明.HideakiKato.静岡大学.jpg


ニホンカナヘビは、主に低地の草地に生息し、民家周辺など私たちの身近な環境にも暮らしています。
しかし、動きは他のトカゲたちに比べて遅く、外敵に簡単に捕まってしまいます。
天敵は、ネコと人間の子ども…。

ニホンカナヘビが殺されないように、ペットのネコが野外に入り込まないように気を付けましょう!
また、子どもたちが捕獲していたら、観察した後にもといた場所に放すように促しましょう!

その他、ニホンカナヘビと関わる際に、気をつけなければならないことは、“産地”です。
捕獲した個体を、異なる場所に放すことは好ましくありません。

ニホンカナヘビを始め、野生生物は、地域によって遺伝子が異なります。
人間が別の場所に移動して放すことは、長い進化の歴史において蓄積された、“地域特有の遺伝子”を消すことに繋がります。
人為的な生物の移動は、生物進化を妨げるのです。
異なる産地のカナヘビを一緒に飼養することも、“遺伝子汚染“に繋がるため、やめましょう。

ニホンカナヘビが最も好むのは、野外の環境で暮らすこと。
捕獲しても持ち帰らずに、その場で放してあげましょう!

近年、ニホンカナヘビが各地で姿を消しています。かつては、市街地でも庭で日光浴をする姿が見られ、玄関先をちょろちょろ走り回っていたものです。彼らの生息地である草地が減少している今、私たちの住む家や近隣の公園の環境が、ニホンカナヘビの生息の場としてとても重要です。

身近な環境を調べ、ニホンカナヘビが安心して暮らせる環境づくりを試みましょう!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もカミツキガメが動き出しました!2018年4月

冬眠から覚めると、カミツキガメは繁殖のために動きだします。
2018年4月、既に静岡県内でカミツキガメが発見され、捕獲されています。カミツキガメを見つけたら、警察・行政に連絡してください!

カミツキガメChelydra serpentina.環境省ポスター表.加藤英明HideakiKato.静岡大学ShizuopkaUniversity.jpg

カミツキガメ Chelydra Serpentina.Japan.静岡県2018年捕獲. 加藤英明HideakiKato.jpg
2018年4月に静岡県内で捕獲された個体(成体オス体重5.5kg)。

市民と行政の連携は外来種防除に大切です!

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレイジージャーニー!爬虫類、加藤英明2018年4月25日

大人気!高視聴率のクレイジージャーニー!
松本人志&設楽統&小池栄子vsクレイジー ジャーニー!
【放送日】毎週水曜深夜11:56〜

クレイジージャーニー.jpg


2018年4月25 日放送
爬虫類ハンター加藤英明 vs南米最強の毒ヘビ& 激レア種

2018.4.25.クレイジージャーニー.加藤英明HideakiKato.jpg

ぜひご視聴ください!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする