特定外来生物アライグマの脅威!静岡県で増殖中!

静岡県で増殖中.アライグマProcyon lotor.加藤英明HideakiKato.静岡大学.jpg

水辺の生き物から樹上の生き物まで捕食する!

アライグマは北アメリカ原産で、森林や湿地などに生息しますが、様々な環境に適応可能で都市で暮らすこともあります。本種は可愛らしい姿で愛嬌のある仕草のため、動物園でも人気がありますが、県内各地の野外でアライグマが目撃されています。元々は展示や愛玩目的で飼育されていたアライグマですが、逃げ出したり捨てられたりした個体が野外で繁殖するようになりました。

食性は動物質中心の雑食ですが、果実なども好みます。農業被害も深刻になりますが、アライグマは昆虫や小動物を好んで食べるため、このままアライグマが繁殖して増えてしまうと、日本の生き物が姿を消してしまいます。木登りが得意なため…鳥の卵やヒナ、カブトムシやクワガタ、セミ類も捕食します。このままだと、日本の森から生き物が消え、静かで生き物の気配がないつまらない環境へと変わってしまいます。

アライグマに罪はありませんが、日本の生き物を守るため、農作物を守るため、不幸なアライグマを増やさないためにも、野外から取り除く必要があります。
アライグマは年に1度、春から夏にかけて5頭前後の子どもを産みます。2005年に特定外来生物に指定されているので、可愛いアライグマの子どもに出会っても、持ち帰らないようにしましょう。ちなみに本種は1年で性成熟に達し、人に威嚇するようになります…。

アライグマを見かけた場合は、警察や市役所、町役場に連絡してください。
※尾に輪模様があればアライグマです。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする