京王線に乗ろう!探そう!どこかに黄色いステッカーが…

新刊、『ありのままに生きてます』

京王線の車内に本の紹介ステッカーが貼られています。
見つけると幸せになれるかも!?
1月31日までの掲出です!ぜひ探してみてください!

ありのままに生きてます.加藤英明. KADOKAWA.jpg


写メでも撮りに行こうかな…



※駅及び駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。
お問い合わせはhttps://www.kadokawa.co.jp/ まで
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊、『ありのままに生きてます』 KADOKAWA

ありのままに生きてます!
〜見習いたくなるいきもの物語〜
2019年12月13日発売!
パンダ、ウマ、ナマケモノ…あなたはどのタイプ?

ありのままに生きています.加藤英明.jpg



いきものにはそれぞれの生き方があります。

私たちから見ると、かわいすぎたり、ちょっと変わっていたり、それで自然の中でやっていけるの?と思えるものだったり。

でもそれは、彼らにとっては普通の生き方。

そんないきものたちのありのままの姿を、物語で紹介します。

自分っぽいと思える生き方もあるかもしれませんね



<いきものたちの、七つの物語>
ナマケモノ
カマキリ
クマノミ
ホッキョクグマ
ウマ
クラゲ
パンダ

ありのままに生きています.2.加藤英明.jpg


生き物の生き方をたくさん知ることで、様々な生き方を尊重することができるようになるかも!

加藤 英明 (著), 秦本 幸弥 (著), らいらっく (イラスト)

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤英明、カミツキガメを追う! 児童書

加藤英明、カミツキガメを追う!
2019年10月31日発売!
環境教育、保全教育の導入に最適!

加藤英明、カミツキガメを追う.静岡大学.jpg


カミツキガメがなぜ日本の川や池にいるのでしょうか。
どうしたらいいのでしょうか。


身近な自然環境で起きている問題を知り、どの生物をどのように守るのか。生物の何を守るのか。カミツキガメ問題を通して、身近な生物の保全について考えましよう!


加藤英明、カミツキガメを追う.カミツキガメ1.jpg


カミツキガメが好きだからこそ、捕まえなければならない!

生命の尊さ感じる!責任感を育てる!
生き物への親しみを持ち、大切にしましょう!

外来種撲滅には時間がかかります。
地域・行政と一緒に問題を解決する!
外来生物の適切な取り扱いが大切!
持続可能な防除の仕組みを考えてみましょう。


私たちにできることは…

加藤英明、カミツキガメを追う.罠.jpg
罠の使用には県知事の許可が必要(静岡県内水面漁業調整規則)

カミツキガメは、生きた状態で許可なく運ぶことはできません。
飼育・譲渡も禁止されています(外来生物法)。
見つけた場合は、最寄りの警察・行政に連絡し、その指示に従いましょう!
※カミツキガメを運ぶことになった場合は、衣装ケースなど箱に入れ、直接触れない状態にしましょう。

行政に持ち込まれたカミツキガメは、その後殺処分されます。不幸な命を増やさないために…定着初期に対応し、早期解決を目指しましょう。

参考:カミツキガメ防除の手引き(環境省)
防除の手続き・捕獲方法・計測方法・処分方法 など
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類: 加藤英明

マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類
加藤英明の爬虫類ワールドハンティング
2019年9月2日販売!

加藤英明.hideakikato.爬虫類.漫画.jpg


爬虫類をはじめ、貴重な野生動物との出会を求め、20年!
世界を巡る加藤英明の旅を漫画で紹介します。
地球上の様々な環境に暮らす爬虫類たち。
その魅力を存分にお楽しみください!


加藤英明.HideakiKato.静岡大学.jpg

変わりつつある地球環境...
地球が抱える様々な問題も紹介!


ボルネオ島.加藤英明.HideakiKato.静岡大学.jpg


コモドオオトカゲ.加藤英明.Hideakikato.jpg


クロアチア.加藤英明.HideakiKato.jpg


ナマクアカメレオン.加藤英明.HideakiKato.jpg


キルギス.加藤英明.HideakiKato..jpg


カミツキガメ.USA.加藤英明HideakiKato.jpg


バングラデシュ.加藤英明HideakiKato.jpg



しばし、私の旅にお付き合いください!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爬虫類ハンター 加藤英明が世界を巡る (単行本)

爬虫類ハンター 加藤英明が世界を巡る

絶賛販売中!!

爬虫類ハンター.加藤英明.HideakiKato.静岡大学.Shizuoka.jpg


道具を使ったらフェアではない。
素手だけで挑むからこそ価値がある。



Amazon 販売
爬虫類ハンター 加藤英明が世界を巡る   加藤英明(著)


第1章 ユカタン半島編
(森と湖沼の住人 イグアナとバシリスク)

第2章 モンテネグロ編
(足のないトカゲ ヨーロッパアシナシトカゲ)

第3章 ボスニア・ヘルツェゴビナ編
(戦火を生き延びたリクガメたち)

第4章 カザフスタン編
(小さな怪獣オオクチガマトカゲ)

第5章 セーシェル編@
(闇夜に光るタイガーカメレオン)

第6章 セーシェル編A
(楽園に暮らす巨大なゾウガメたち)

第7章 グアドループ編
(絶滅寸前の希少生物アンティルイグアナ)

第8章 ニュージーランド編
(生きた化石ギュンタームカシトカゲ)

第9章 アメリカ・テネシー編
(獰猛な番人カミツキガメ)

第10章 カタール編
(灼熱の攻防 エジプトトゲオアガマ)

冒険の極意T−W 生き物の見つけ方 他
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする