卵がたくさんついています。ホタルの卵!

ゲンジボタルの卵.加藤英明.jpg

ゲンジボタルの卵
とても小さいのですが、よく見るとホタルの卵がたくさんついています。卵の直径は0.5mmほど。野外で採集されたメスはほぼ交尾済ですので、ミズゴケを入れたケージで飼育すると、すぐに卵を生み出します。1匹のメスは、500個以上の卵を産みます。
孵化までにかかる日数は気温によって異なりますが、30日前後。
ホタルの繁殖は、卵を得ることから始まります。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴重!ヒメボタルの卵!

ヒメボタルの卵.加藤英明Hideaki Kato.jpg

ホタルの卵は種類によって色形が異なります。ヒメボタルの卵はゲンジボタルより大きく、0.7mmほど。小さなメスは30個ほどの卵を数日かけてぽろぽろ生みます。
ヒメボタルは小型で、オスの大きさが9mmでメスの大きさは6mmほどしかありません。陸生のホタルのため、幼虫は表土に潜り餌を探ります。

ヒメボタル Luciola parvula.加藤英明HideakiKato.jpg
左からオス、メス、卵

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。