別種それとも同種?静岡県のオカダトカゲ!

Plestiodon latiscutatus.jpg

オカダトカゲ(三島市)

静岡県東部には、オカダトカゲとニホントカゲが生息しているとされています。

その違いは、オカダトカゲの体鱗列数が28列、ニホントカゲの体鱗列数が26列(どちらも例外あり)。オカダトカゲの後鼻板が比較的大きく…と言っても個体変異があり、外見ではなかなか区別がつきません。

そこで、遺伝子を比較すると、
オカダトカゲ(三島産)
  12SrRNA:CATTCTCTACCATAGAGAACACGAACAGCTTAA…
ニホントカゲ(静岡産)
  12SrRNA:CATTTTCTGCCACAGAAAACACGAACAGCCTAA…

確かに違いはあるようですが..写真のオカダトカゲは体鱗列数が26列。
交雑による遺伝子浸透が進行している可能性があります。
遺伝子汚染が懸念されるので、これらのトカゲを人為的に移動しないようにしましょう!

Plestiodon japonicus.2.jpg
ニホントカゲ(静岡市)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする