麻機遊水地に生息する外来種捕獲作戦!2013

麻機遊水地に生息する外来種捕獲作戦!
麻機遊水地第一工区の池の水を抜きます!遊水地ができてから初めての試みです!
池の環境はどうなっているの?どのような生き物がいるの?
遊水地ではアカミミガメなどの外来生物も多く確認されています。

麻機遊水地外来種捕獲作戦2013.jpg

今回の試みは、今後の麻機遊水地の管理に役立ちます。


日時:平成25年11月3日(9:00-12:00)
場所:麻機遊水地第一工区
参加費:無料
申し込み:不要
主催:巴川流域麻機遊水地自然再生協議会
共催:静岡県静岡土木事務所、静岡市緑地政策課、静岡市清流の都創造課、静岡市動物指導センター

麻機遊水地で活動する各団体のパネル展示や野鳥観察、工作などの昔の遊び体験、クイズラリーなどもあります。

タモ網とバケツを持って集合してください。
フナやメダカなどの在来生物を、みんなで一緒に救出しましょう!

当日、外来生物と在来生物が区別できる資料を配布します。また、生き物に詳しいお兄さんやお姉さんからの説明もあります(静岡大学、東海大学、静岡北中学校・高等学校)。新しい発見がたくさん!

※アカミミガメなど危険な外来生物に触れることはできません。また、外来生物を持ち帰ることはできません。
麻機遊水地水抜き 1.注意事項.jpg
持ち帰ってはいけない外来生物の紹介!生き物との正しい付き合い方を知ろう!

麻機遊水地水抜き2.捕獲.jpg
みんなで生き物探し!どんな魚がいるかな?

麻機遊水地水抜き.jpg
大きなライギョを捕獲!外来種に対する適切な管理が必要です。

麻機遊水地.魚.jpg
コイやゲンゴロウブナ(内地産外来種)を記録。在来種で最も多かったのはモツゴ。ナマズやドジョウなどは極わずかで、個体数が少ないことが明らかに!メダカは0個体..

麻機遊水地水抜きポンプ.jpg
3年間手つかずの池の水をポンプで抜くと..泥が多く溜まっていました。強い臭いが発生!
さらに生息している生き物も少なく..池を覆うガマなどの植物を含め、今後の池の管理に課題が残ります。

外来産のカメは植物の茂みや深い泥の中に侵入!大変ですが、今後、罠で捕獲を試みます。
来年は罠を使って生き物調査!?ぜひご参加ください!




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡大学公開講座2013!

静大キャンパス探訪 「静大キャンパスの動物」
生物調査隊とキャンパスの自然を観察しよう!
講師:加藤英明(保全生態学)
静岡大学大学院理学研究科学術研究員

日時:2013年10月19日10:00〜12:00
会場:静岡大学静岡キャンパス
受講料:無料
申し込み:静岡大学研究協力課研究支援係 TEL054-238-4264

静岡大学公開講座.加藤英明HideakiKato.jpg

静岡大学公開講座加藤英明1.jpg
罠の使い方を紹介!※川や池で罠を使用する場合は県知事の許可が必要です

静岡大学公開講座加藤英明2.jpg
静岡大学公開講座加藤英明3.jpg
前日に設置した赤外線自動撮影カメラを確認。タヌキの姿が!
駐車場近くの道路脇の林には、夜の9時25分に出現していました。

静岡大学公開講座加藤英明4.jpg
ミュージアムでは、生き物を間近で観察したり、カメの骨格を組み立てたり、あっという間の2時間でした。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巴川流域麻機遊水地自然再生協議会!2013

第11回巴川流域麻機遊水地自然再生協議会 開催
日時:平成25年9月5日(木)18:45-20:30
場所:もくせい会館2階第1会議室

2013年より、学識経験者として関わることになりました。
爬虫類・両生類の研究者として、新しい目線で麻機遊水地の自然再生を試みます!

遊水地には、在来生物を捕食し、生態系に悪影響を与える外来生物アカミミガメやウシガエルがたくさん生息しています。自然再生において、外来種対策は必要不可欠!
メダカやトノサマガエルが棲みよい環境は、外来生物にも居心地のよい環境なのです..


麻機遊水地と協議会
治水機能を有する麻機遊水地は、野生生物の貴重な成育・生息の場として注目されています。 協議会では、「人と生きものの共生」を目指し、人の利用空間、生き物の成育・生息環境、地域との関わりや景観など、遊水地の自然環境のあり方について考えていきます。

環境省>自然再生推進法>事例紹介>事業地紹介(巴川流域麻機遊水地自然再生協議会)
http://www.env.go.jp/nature/saisei/network/law/law1_3_1/k3_a.html
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼津市立大井川南小学校 総合的な学習の時間(キャリア教育・環境教育)

図鑑MOVE「は虫類・両生類」の監修者が、世界の生き物の魅力を紹介!

「世界の生き物っておもしろい!」
講師:加藤英明
対象:焼津市立大井川南小学校6年生
日時:2013年9月5日(10:30‐12:10)

は虫類・両生類の魅力とは?
魅力的な図鑑を作成するために大切なことは?
生き物の研究者になるにはどうしたらいいの?

キャリア教育, 環境教育, 加藤英明HideakiKato.jpg


生き物が好きなだけでは、図鑑はつくれない!
どんな夢をかなえるにも、教科の力が大切!
今の学習が、将来の夢につながります。
加藤英明HideakiKato図鑑MOVE2.jpg

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第15回日本カメ会議 基調講演!

第15回日本カメ会議 
基調講演:加藤英明
フィールド調査から知るカメの生態
〜身近な水辺から世界のジャングルや砂漠まで〜
日時:9月1日(13:00〜14:00)
場所:名城大学 共通講義棟北N-101

第15回日本カメ会議. 加藤英明HideakiKato.jpg

世界のカメと人々との関係、静岡県における外来生物の現状を紹介しました。
食糧にされるカメ、ペットにされるカメ、捨てられるカメ!
今後、日本人が必要とされるカメとの正しい付き合い方とは?


静岡北中学校・高等学校が口頭発表しました!
「静岡市巴川流域におけるカメ類の生息状況とアンケート調査について」2013年9月1日(11:00‐11:15)

さらに、ポスター発表も!
「淡水産カメ類から見る環境生態調査」
静岡北中学校・高等学校、静岡大学(加藤英明)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする