どんなカメがいるかな?麻機のカメを調べてみよう!2014

麻機遊水地カメ調査.協議会.静岡北中.静岡大学.jpg

麻機遊水地第4工区でカメ類の調査を行います。
仕掛けた罠に、どんなカメが入っているかな。見学自由!

日時:平成26年10月4日(土)9:00-11:30
申込み:不要
場所:麻機遊水地第4工区(駐車場有)
主催:巴川流域麻機遊水地自然再生協議会
協力:静岡県静岡土木事務所、静岡市、静岡市動物指導センター、静岡北中学校・高等学校、静岡大学教育学部加藤研究室

9:10〜 開会あいさつ
9:15〜 注意事項
9:20〜 カメ調査開始、外来植物の駆除
11:00〜 捕獲したカメ類や魚類の展示と説明
11:30〜 閉会

外来カメ類が咬みつく恐れがありますので、罠に触れないようにしましょう。
また、ワナの使用には県知事の許可が必要です。遊水地に設置された罠を引き上げないようお願いします。

静岡市麻機遊水地.カメ捕獲2014.jpg

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡サイエンススクール2014「サイエンス・サマープログラム2014」

キャリアデザインワークショップ:8月15日(金)午後
知っているようで意外と知らない理系の仕事を紹介します。質問の時間もあるので、聞きたいことは何でも聞いてください。定員は80人。中学生および高校生を想定していますが、特に意欲がある方ならどなたでも結構です。保護者・学校関係者の参加も歓迎します。

2.「日本の生き物たちの危機 −生物保護の必要性について−」
  加藤英明 (静岡大学教育学部 講師)
   日時:8月15日(14:00-14:55)
   受講料:無料
   場所:静岡大学理学部A棟2階大講義室

世界には、全長3mのコモドオオトカゲや体重250sのガラパゴスゾウガメなど、不思議な生き物が数多く存在します。そんな迫力ある外国の生き物に魅了される人は子供から大人まで数多く、私もその一人でした。しかし、近年は巨大なワニガメやカミツキガメなどの外国の危険な生き物が、私たちの身近な川に出現しています。なぜでしょうか?静岡県における外来生物の現状と、生き物との正しい関わり方について紹介します。

身近な生き物の現状は?
生き物を守るために必要なことは?
生き物を守る仕事とは?
自分の夢を将来につなげるには?


静岡サイエンススクール2014静岡大学加藤英明hideakikato.1.jpg
今、私たちにできることはたくさんあります。
意識を変えると、世界が変わる!
静岡大学で、将来の夢を広げましょう!


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡大学公開講座2014!

静大キャンパス探訪  キャンパスの自然を観察しよう!
第3回「静大キャンパスの動物」

講師:加藤英明(保全生態学)
静岡大学教育学部講師

日時:2014年10月18日10:00〜12:00
会場:静岡大学静岡キャンパス
受講料:無料
申し込み:静岡大学研究協力課研究支援係 TEL054-238-4264
8月1日より申し込み開始!

静岡大学キャンパス探訪.加藤英明.jpg




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡大学教育学部で野生動物を学ぶ!そして教員になる!

静岡大学教育学部の加藤研究室では、フィールド調査を中心とした野生動物の研究を行います。
研究対象とする動物は、魚類から両生類、爬虫類、哺乳類と幅広く、形態形質やDNA塩基配列などにおける変異をもとに、系統や進化、生物地理、保全に関する研究を行います。
例えば、淡水カメ類では、日本の固有種であるニホンイシガメの現状調査を行い、絶滅が危惧される地域個体群の効果的な保全方法の確立に向けた取り組みを行っています。
身近な生き物を見分ける力、環境を評価できる力を身につけ、さらに、外来生物が在来生物に与える影響の調査を通し、国内外の様々な生き物との正しい関わりを学び、伝えることのできる人材を育成します。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻機遊水地自然再生シンポジウム 外来生物

麻機遊水地の自然を語る〜在来生物を脅かす外来生物〜

麻機遊水地は、全国各地で失われつつある貴重な自然が残る場所です。しかし、外来種の増加により、在来の動植物の育成・生息環境が奪われようとしています。麻機遊水地の自然の現状を学ぶとともに、未来を考えましょう!

麻機遊水地.外来生物シンポジウム.jpg

外来種って何?在来生物に与える影響は?どのように取り除くことができる?
私たちと遊水地の生き物との関わり方についても考えましょう!

日時:平成25年12月15日(日)
     13:00〜16:00(12:30開場)
場所:もくせい会館 2階 第1会議室
      静岡市葵区鷹匠3-6-1
定員:100名(申込み順)

●講演
「外来種の定義、外来種全般の話し」西口紀雄
「麻機遊水地の希少植物と外来種の現状について」尾上元
「赤い池の正体」栗山由佳子
「あさはたの外来生物と魚」板井隆彦
「ミシシッピアカミミガメ、ペット飼育のマナー」加藤英明

●パネルディスカッション
「外来生物に対する取り組み方法」

主催:麻機遊水地自然再生協議会 湿地再生・植生管理部会
申込み先:昭和設計株式会社 担当:小野、山梨
電話番号:054-248-5284 ファックス番号:054-247-6658
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする