麻機遊水地の生き物展示!静岡県河川課2015

アピタ静岡店センターコートをメイン会場に、麻機遊水地の生き物展示や県が行う洪水防止に対する各種事業等が紹介されました。

静岡県河川課麻機生き物展示.アピタ.加藤英明HideakiKato.1.jpg
静岡大学教育学部加藤研究室による麻機の生物展示(7月11日)

静岡県河川課麻機生き物展示.アピタ.加藤英明HideakiKato.2.jpg
絶滅危惧種のホトケドジョウ、ゲンジボタルなどの生物の他、アカミミガメやライギョなどの外来種も紹介。なんと展示中にアカミミガメが産卵しました!

静岡県河川課麻機生き物展示.アピタ.加藤英明HideakiKato.3.jpg
特定外来生物のウシガエルやブラックバス、ブルーギルも液浸標本で展示し、学生たちが外来生物による生態系への影響について説明しました。もちろん、静岡大学教育学部の紹介も!

次回の展示は、2015年8月11日です。

<報道>
静岡新聞:巴川治水対策や水生生物を紹介. 2015.7.12

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻機遊水地水抜き調査!2015

沼の生き物 お宝探し!
静岡市麻機遊水地の一部の水を抜き、現状調査を行いました。
日時:2015年3月15日9:00〜
(静岡流通センター春の大感謝祭、第2回麻機遊水地フェスタ)
麻機水抜き1.加藤英明HideakiKato.jpgポンプで水を抜くと…水溜まりで何かが動く!

麻機水抜き2.加藤英明HideakiKato.jpg巨大なウシガエルを捕獲!ウシガエルのオタマジャクシも!
外来生物のウシガエルは、トンボなどの昆虫からカエル、ヘビ、ネズミや水鳥のヒナまで何でも食べてしまいます。遊水地にはそんなウシガエルが数多く生息しているため、在来生物の姿が減りつつあります。自然保護は、外来生物を取り除くことから始まります。
※ウシガエルはヨシやガマが繁茂する環境を好みます。

麻機水抜き3.加藤英明HideakiKato.jpgフナ類も捕獲されましたが、その多くは国内外来生物のゲンゴロウブナ。琵琶湖固有の魚ですが、遊水地には釣用に放流されています。

麻機水抜き4.加藤英明HideakiKato.jpg10年間放置された遊水地の池には、泥が多く堆積していました。水質の悪化を防ぐために、泥を重機で取り除きます。自然攪乱がない現在、遊水地の環境を守るには人による管理が必要不可欠ですが...

麻機水抜き.2015.jpg広すぎます。外来生物防除+浚渫、今後の課題です。

麻機水抜き.静岡大学加藤研究室2015.jpg
研究室のみなさん、お疲れ様でした!




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第16回日本カメ会議で研究報告!

14C.life span of the giant tortoise.Geochelone nigra.加藤英明HideakiKato.jpg

『ゾウガメの寿命を明らかにする−放射性炭素同位体14Cによる年齢の測定−』
加藤英明・白輪剛史・南雅代・和田秀樹
(静岡大学教育学部・iZoo・名古屋大学年代測定総合研究センター・静岡大学大学院理学研究科)

『静岡県におけるカミツキガメの現状』
加藤英明・村瀬亮太・中村真之・座間哲平・村瀬涼介
(静岡大学教育学部)

2015年3月7日,8日に第16回日本カメ会議が開催されました。
会場:愛知学泉大学豊田学舎8号館
最新の研究から各地の現状まで様々な報告がありました!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来種問題解への道2015 外来生物講習会 in 西部保健所 

外来種講習会カミツキガメ,ワニガメ静岡.jpg

多くの外来生物が野外で確認されるようになった今日、野外に侵入した危険な外来生物へ対応が必要とされています。外来種の侵入・拡散防止に関する地域課題を検討します。

講演1「外来生物法について」
    静岡県くらし環境部自然保護課主査 小林和彦
講演2「県内における外来爬虫類の現状と対策」
    静岡大学教育学部講師 加藤英明

日時:平成27年2月20日(金)午後1時30分から午後3時30分
場所:静岡県中遠総合庁舎東館4階403会議室(磐田市見付3599-43)
対象者:保健所(獣医師、薬剤師)、管内市町担当者、農林事務所担当者等
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡大学でカメを学ぼう!ヒデ博士のカメ講座!

静岡大学カメ講座.加藤英明HideakiKato.jpg

静岡大学でカメの勉強会を開催します!
研究室探検!生体や標本を見学!どんな生き物がいるかな?
みんなで一緒にカメについて学びましょう。

参加費無料!
主催:静岡市  共催:静岡大学教育学部
日時:平成27年1月31日(土)13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:静岡大学教育学部(静岡市駿河区大谷836)
交通:自動車(駐車場あり)、バス
申込:静岡市清流の都創造課(電話054-221-1357)

◆参加者募集◆ ヒデ博士のカメ講座「研究室たんけんin静岡大学教育学部」
http://www.city.shizuoka.jp/deps/seiryuu/270131_turtle_event.html

平成27年(6〜8月)には、市民参加型のカミツキガメ捕獲調査を実施します!
詳しい案内と調査員募集は、当イベントでお知らせします。

静岡市.静岡大学カメ講座.加藤英明HideakiKato.jpg
カメ講座の始まり!

静岡市.静岡大学カメ講座.飼育室加藤英明HideakiKato.jpg
4つのグループに分かれて研究室を探検!

静岡市.静岡大学カメ講座.骨格.加藤英明HideakiKato.jpg
カメの骨格を学ぶ!

静岡市.静岡大学カメ講座.研究発表.jpg
研究発表
静岡県で捕獲されたカミツキガメ‐食性調査から生態系への影響を明らかにする‐ 村瀬亮太・中村真之・座間哲平・村瀬涼介・加藤英明


外来種対策では、みなさんの協力が必要です!
2015年みんなで一緒にカメを調査しよう!どんなカメが捕まるかな?
地域・行政・大学 連携強化!
外来生物を積極的に取り除かなければなりません

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする