2016年7月23日、24日は市民参加型カメ調査です!

罠の設置数は150個以上!
身近に棲むカメたちの様子が明らかに!?

※水中にワナを設置するには静岡県内水面漁業調整規則により県知事の許可が必要です。今回の調査は、学術調査のために許可等を得て行います。

カミツキガメ調査.静岡大学加藤英明.ShizuokaUniversity.HideakiKato.jpg

主催:静岡市環境創造課
募集は締切ましたが、見学は自由です。

麻機遊水地では、過去にカミツキガメが捕獲されています。
目撃したり、釣り上げたりした場合は、最寄りの警察や地自体、静岡大学にご連絡ください。


市民参加型カメ調査.静岡市2016.カミツキガメ.加藤英明.静岡大学.jpg

※罠の使用には県知事の許可が必要です
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第17回日本カメ会議開催!

2016年2月13日と14日の2日間、静岡大学でカメ会議が開催されました。岩手や石川、埼玉、東京、愛知、岐阜、長野、京都、兵庫など様々な地域から静岡にお集まりいただき、興味深い報告・話題をありがとうございました。

2月13日基調講演
「日本のカメたちは今〜カメたちのおかれている現状〜」(矢部 隆)

静岡大学からは以下の発表を行いました。
・ミシシッピアカミミガメによるイネの食害の現状
(加藤英明, 鈴木政美, 長嶋康男)
・市民参加型によるアカミミガメ調査の効果
(中村真之, 白川真衣, 加藤英明)
・静岡県富士市におけるカミツキガメの定着
(村瀬涼介, 加藤英明)
・小学校におけるニホンイシガメの保護と繁殖の試み
〜日本各地の学校で遺伝的地域多様性を守る〜
(座間哲平, 村瀬涼介, 村瀬亮太, 加藤英明)
・DNA多型から推定するミナミイシガメ交雑の経緯
(白川真衣, 加藤英明)

第17回日本カメ会議.静岡大学加藤英明.jpg
各地のお菓子を囲んで懇親会も行われました。

日本各地で激減しているニホンイシガメの輸出規制やアカミミガメの防除など、今後の動向に注目です!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物の脅威!環境保全講習会 in 袋井市

外来生物の脅威.アカミミガメT.scripta.静岡大学加藤英明.ShizuokaUniversity,Japan.HideakiKato.jpg

静岡県袋井市で環境保全講習会を開催します。
身近な自然に入り込んだ外来生物が、環境破壊や農業被害、咬傷被害など多くの問題を引き起こしています。
外来生物の生態と現状を学び、今後どのように問題を解決していくのか考えます。

講師:静岡大学 加藤英明(保全生物学)
日時:平成28年2月1日(月)13:30〜
場所:袋井市浅名1027メロープラザ多機能ホール
参加費:無料
定員:150名
主催:袋井市環境政策課、太田川水系の水をきれいにする会(袋井市・掛川市・磐田市:森町)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡産業フェア2015 麻機遊水地の自然と外来種問題

ツインメッセ静岡で産業フェアが行われ、麻機自然再生協議会(静岡県河川課)のブースでは、麻機の自然と外来種問題を紹介しました。

静岡産業フェア2015アカミミガメ啓発.静岡大学加藤英明HideakiKato1.jpg
多くの来場者に外来種の脅威を知って頂きました。

静岡産業フェア2015アカミミガメ啓発.静岡大学加藤英明HideakiKato2.jpg
皆さんの興味を引いたのは、美しい緑色のミドリガメ!

静岡産業フェア2015アカミミガメ啓発.静岡大学加藤英明HideakiKato3.jpg
しかし、人の顔ほどの大きさに成長した大型個体を見ると…
「こんなに大きくなるなんて知らなかった!」「咬みつくなんて怖い!」「実は今飼っているアカミミガメに困っていて…」という声が聞こえてきました。捨ててはダメですよ。

静岡産業フェア2015アカミミガメ啓発.静岡大学加藤英明HideakiKato4.jpg
アカミミガメに要注意!飼育個体の放流は犯罪です。最後まで責任を持って飼育してください。衝動買いは禁物です。
身近な自然を守るために、皆さんの外来種への理解と協力が必要です!

開催日時:2015年11月28日(土)- 29日(日) 午前9時30分〜午後4時 入場無料
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池のお宝探し!麻機フェスタ2015

静岡市の麻機遊水地で、水辺の自然に親しむ麻機遊水地フェスタが開催されました。
麻機遊水地第3工区内に点在する池の水を抜いてみると…

麻機フェスタ2015.特定外来生物ウシガエル.加藤英明HideakiKato.jpg
泥にまみれたカメやカエルが捕れました。さらにメダカのような小魚もたくさん!

しかし、よく見ると、全て外来種のミシシッピアカミミガメとウシガエル、カダヤシでした…

残念ながら、今回の調査した池では、池のお宝である”在来種”のカメやカエル、メダカの姿は見つかりませんでした。

麻機フェスタ2015.特定外来生物カダヤシ.加藤英明HideakiKato.jpg
メダカによく似た特定外来生物のカダヤシ

ウシガエルはオタマジャクシを含め、生きた状態での移動や飼育は外来生物法において禁止されています。カダヤシも同様であり、野外で捕獲されても家や学校に持ち帰って飼育しないようにしましょう!


大切な生きものたちを紹介する予定が、外来種啓発に…
身近な自然の変化が強く感じられる結果でした。

主催:巴川流域麻機遊水地自然再生協議会
開催日:2015年10月24日
来場者数:2000人


麻機フェスタ2015.外来生物アカミミガメ.加藤英明HideakiKato.静岡大学.jpg
カメの正体は、アカミミガメ。咬みつくので扱いは要注意!

※アカミミガメはペットとして飼育や販売が可能な外来生物ですが、野外に放すことは禁止されています。今後、特定外来生物に指定された場合には登録が必要です。購入の際は慎重に!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする