沖縄に定着した外来種のナマズ!可愛い姿のクララ!

クララ.Clarias batrachus.加藤英明.静岡大学1.jpg
クララの幼魚

東南アジア原産のナマズ、クララ(学名:Clarias batrachus)。全長は50cmほど。最大の特徴は、白と黒のまだら模様!しかし、これは人為的に改変された改良個体。野生個体は日本のナマズの体色に似ています。

野生個体(黒褐色)英名ウォーキングキャット
改良個体
・クララ(白色)
・マーブルクララ(斑模様)

ヒゲは日本のナマズ(4本)よりも多くて、4対8本。頭部は平たく、背びれは長い。下顎よりも上顎が出ていることで、日本のナマズと見分けることができます。

品種改良されたウォーキングキャットは、古くから日本に観賞用に輸入され、クララという愛称で流通しています。とても丈夫で飼いやすく、飼い主が近づくと寄ってくる。そんな愛くるしい姿に、愛好家も多いようです。

東南アジアに生息するナマズのため、寒い日本の野外で越冬することはできません。しかし、温暖な沖縄では冬を越すことが可能で、野外に放されたものが定着しています。※本州でも温泉地で野外越冬可能

食性は雑食で、魚類や水生昆虫を主に食べます。また、繁殖力は強く、雌雄は産卵期に縄張りを持ち、巣穴の中で産卵します。その数10000個以上!爆発的に増える前に、野外から取り除くことが必要です。現在、沖縄本島では、中部から南部の河川や池で確認されています(野外確認は2000年)。まだ局所的ですが、クララの英名はウォーキングキャットフィッシュ。胸鰭の硬い棘を使って陸地を移動するので要注意!島全体に拡散する前に対策を!

飼育者は野外に放さない・逃げられないように気をつけましょう!

クララは、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されています。また、日本でも外来生物法において、総合対策外来種(旧要注意外来種)に指定されています。しかし、生息域外に拡散させたのは人間!
責任を持って私たちの手で取り除きましょう!


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。