メダカにそっくり!特定外来生物カダヤシに要注意!識別方法

カダヤシGambusia affinis. 加藤英明. 静岡大学.jpg

身近な川や池で見かける小さな魚。メダカだと思っていたら…外来種のカダヤシだった!ということが多々あります。

カダヤシは、北アメリカ原産の淡水魚。日本には1913年に、“蚊の幼虫の駆除”を目的として移入されました。繁殖形態は卵胎生。卵は体内で育ち、メスは1度に100匹以上の子どもを産みます。成長は速く、同年、または翌年には性成熟に達して繁殖するため、定着すると爆発的に増殖してしまいます。

本種は全長4pほどで小さく、形態は日本のメダカに似ています。野外で捕まえたカダヤシを生きた状態で持ち帰ったり、飼育したりすると、外来生物法違反となりますので、注意が必要です。
※2006年に特定外来生物に指定
罰則は最高三年の懲役、または三百万円以下の罰金


<メダカとの見分け方>
尾びれ:メダカは角ばっているが、カダヤシは丸い
尻びれ:メダカは幅が広いが、カダヤシは幅が狭い(オスは棒状)
背びれ:メダカは体の後方にあるが、カダヤシは体の中央近く
カダヤシG. affinis. メダカとの違い比較.jpg

報道:恐怖!夏休み川で捕まえた生きものが危険な特定外来生物だったら!TBS,噂の東京マガジン(2016年8月21日)


カダヤシGambusia affinis
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合IUCN)
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会)
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする