カブトガニ類の謎に迫る!生きた化石カブトガニの研究

 一般に「生きた化石」として広く知られているカブトガニ類ですが、これらの分布や生態、類縁関係、分化の過程などは、はっきりわかっていません。絶滅の恐れのある野生動物を調査研究している静岡大学加藤研究室では、東南アジアを中心にカブトガニ類の現地調査を行い、DNA解析を通してこれらの問題を明らかにしようとしています。

カブトガニ調査Horseshoe crab survey.加藤英明HideakiKato,JAPAN.jpg


海外でカブトガニ類を見かけたらご連絡ください!

生息地確認の基準
・捕獲
・海岸における脱皮殻や死骸の確認
・市場における売買の確認
・漁師村ゴミ捨て場における死骸の確認
・国立公園内案内所における標本の確認
・地元の漁師, 博物館の職員, 公園管理官からの情報 など


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。