地域絶滅寸前!苦しむニホンイシガメたち!

苦しむ静岡市のニホンイシガメ.地域絶滅寸前.jpg
(2014年5月28日静岡市麻機遊水地第3工区巴川)

静岡大学と静岡北中学校の合同調査で、ニホンイシガメが捕獲されました。静岡市巴川中流域の調査地点では、5年ぶりの2匹目です。大きなメスなのですが…甲羅は車にひかれて壊れ、さらに口には釣り針が刺さったままで、糸が出ている状態。釣り針が刺さった頬は炎症し、目元まで腫れていました。

かつては調査地周辺に数多く生息していたニホンイシガメたちは、現在、人間活動の影響で踏んだり蹴ったりの状態です。現状は深刻!

私たちの身近な環境に棲む生き物たちの悲惨な現状に、調査を行った中学生たちは驚きを隠せない様子でした。

カメからわかる水辺の環境!人間との関わり! まずは今まで行われていなかった県内のカメ類の現状調査を行う必要があります!

ニホンイシガメ
静岡県レッドリスト:掲載なし
環境省レッドリスト:準絶滅危惧(Near Threatened, NT)
          存続基盤が脆弱な種

ニホンイシガメ釣り被害.静岡市.jpg

※保護されたニホンイシガメは、釣り針を取り除き、繁殖のために研究室で飼育しています。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする