紛争を生き延びたリクガメ!ボスニア・ヘルツェゴビナで調査!

戦火を生き延びたリクガメを、ボスニアの大地で捕獲!
黒く大きく輝くリクガメの瞳に、野生の力強さを感じた。
成体はどれも15p前後と小型であり、後肢の付け根部分に鼠蹊甲板がない。ヘルマンリクガメTestudo hermanniともギリシャリクガメTestudo graecaとも異なる形質をもつ。

Testudo hermanni hercegovinensis. Bosnia.Hideakikato1.jpg
墓地に暮らすリクガメ。人間の紛争に巻き込まれながらも生き延びた強者たち

加藤英明. 2012. ボスニア・ヘルツェゴビナの自然と動物. ビバリウムガイド, 57:69-73.
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする