急務!ニホンイシガメの保全!

Mauremys japonica. hatching.jpg
ニホンイシガメの幼体(静岡県産)
県内で数を減らしつつあるニホンイシガメ。
最近は川を覗いても姿を見かけません。このままでは、私たちの身近な環境からニホンイシガメが姿を消すのも時間の問題です。

河川ごとニホンイシガメを保護し、繁殖させることは容易ですが…
子ガメを故郷に放せません。

遺伝子汚染の解決はもちろん、ニホンイシガメが健全に生育できる環境づくりが大切です。
日本固有の希少な野生動物ニホンイシガメを守るには、まだまだ時間がかかりそうです…
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする